こんにちは、こんばんは、某人間より親しみを込めて。

今回は、映画 ダンケルクのレビューです。


引用:movie express

公開:2017年
監督:クリストファー・ノーラン
出演:フィン・ホワイトヘッド、トム・ハーディ、
   マーク・ライランス、ケネス・ブラナー

あらすじ

第二次世界大戦下。

イギリス、フランスの連合軍は、
ドイツ軍の革新的な兵器、戦術の前で成す術がなく、
陸から、そして、空からも包囲され、
ダンケルク海岸で、ただ味方の救援船を待つばかりであった。

そして、味方同士であるイギリス、フランス軍の連携もままならない中、
チャーチル首相は、本土決戦に向け、救援に向かう駆逐艦の数を減らし、
民間船で救助に向かわせる「ダイナモ作戦」を決行する。

陸からはドイツ軍がダンケルク海岸間近の
防衛線まで進行を進め、
空からは爆撃機が救援船を襲撃する中、
陸、海、空、それぞれで、時間との戦いが繰り広げられる。

スポンサードリンク

感想

3000円。
(某人間ブログの採点方法に関してはこちらの記事に参照)

 某人間が最も信頼する監督、クリストファー・ノーランの最新作。

「ダークナイト」や「インセプション」
また、「プレステージ」や「インターステラー」など
少し現実離れした作品が多いイメージの監督ですが、
そんな監督が実際に起こった戦闘を映画にするということで、
ダンケルクの情報が初出しされた時から、
期待に胸を膨らませていました。

そして、とうとう公開日を迎え、
仕事が終わったその足で、劇場へ直行。

果たして、ノーランの撮る戦争映画の出来栄えは・・・。

最初から最後までピーク

「冒頭からクライマックス!!!」

最早、映画の宣伝の常套句となった言葉ですが、
まさにこの作品の為にある言葉でしょう。

なんせ物語は、絶体絶命の状態から始まり、
開始早々から緊迫した空気が流れ、
その空気感は最後まで続きます。

「緩急」と言う2文字は、
この映画にはありません。

また、BGMと共に絶えず聞こえてくる
チッチッと言う秒針の音
効果的に焦燥感を煽り、
観客が胸を撫で下ろすことが出来るのは、
本当に終盤の終盤。

本作、上映時間が110分
ノーラン作品にしては、異常に短く、
「ダークナイト ライジング」、「インターステラー」と
ノーランの超長編作品に慣れてしまった私には、
「もう終わり!?」と言う感じで、
体感的には45分程度の映画を見ている気分でした。

しかし、それもそのはず。

通常の戦争映画にある筈の導入部、
前半部分をごっそりと削っているのですから。

また、本作では、残された時間が限られていることを演出する為か、
人間ドラマや回想が殆ど、いや一切無い。

勿論、淡々と戦闘を描いている訳では無いのですが、
誰かが死んだり、重大な事態に陥っても、
他の戦争映画の様に強調したり、余韻を持たせたりせずに、
映画内の時間、つまり、「戦場に流れる時間」を大事にし、
「創作の時間」にしてしまわない。

それがより、作品に緊迫感を持たせています。

そして、救出作戦が成功し、
今まで流れ続けていた秒針の音がピタッと止む瞬間、
観客の元へ安堵感と共にカタルシスが押し寄せてきます。

「時間の魔術師」は健在

今までのノーラン作品とは、少し毛色の異なる本作ですが、
「時間の魔術師」っぷりは健在です。

なんと、本作では、
海岸で起こる1週間
救出に向かう民間船の1日
空で戦う空軍の1時間同時進行で展開させてしまいました。

映画に限らず、そんな作品に出会ったことはありませんし、
そんな発想に至ったこともありませんし、
もし、その発想に至っても、丁寧に構築することは至難の業。

しかし、ノーランはそれをやりきったどころか、
それを最大限、効果的な演出として駆使しています。

それぞれの場面が交互にピンチを用意し、
時には、同時にピンチが重なることで、
この作品のピークを保ち続けています。

また、それぞれ異なる時間軸で展開されている物語が、
交差する瞬間があり、
「異なる物語がクロスする」と言う快感が、何度も味わえ、
この作品をノーランらしいエンタメとして、
しっかりと成熟させています。

スポンサードリンク

ノーランが描く"死"と"戦争映画" 

この作品を戦争映画にくくっていいのか。

鑑賞後、私は少し考えました。

この作品や交戦やゴアシーンが殆どなく、
救出劇、逃亡劇が主な作品で、
世間一般でいう「戦争映画」とは、
また違うジャンルな映画な気がしました。

言うなれば、「救出映画(?)」

しかし、ノーラン監督は、死に様の演出が上手な監督だな、と思います。

「ダークナイト ライジング」で強敵ベインや
フォーリー市警副本部長をあっさりと死なせた時から感じていましたが、
ノーラン監督の描く"死"は非常にあっさりしているのですが、
唐突で、また、何故か印象に残ります。

本作でも、矢張りそうで、
フランス軍のギブソンが水中でもがき、
徐々に動きが鈍くなり、水の濃淡の中に消えていくシーンや
重油に引火した火炎が海に広がり、
その真下に潜っているが、燃えてしまうと分かっていながらも
呼吸が続かなくなり、海上に飛び出す若者など、
戦争映画の割に死の描写は少なかったでしたが、
突然、なんの予兆もなく、誰かが印象的に
しかし、あっさりと死んでいきました。

ですが、この予兆がなく、あっさりと死ぬ感じが、
本作の「戦場のリアル」さに繋がり、
効果的な演出として機能しています。

ノーラン作品を支える役者達

本作では重要な役割を持つ人物程、台詞が少ない印象を持ちました。

その上、トム・ハーディに関しては、
彼のラストシーン以外、殆どの場面で、
顔の半分がマスクで隠れています。

しかし、流石、ノーランが見初めた役者だけあって、
皆、表情の演技が凄まじい。

民間船で救助に向かうドーソンを演じる
マーク・ライランスは、老いた船乗りながらも
多くの経験から滲み出る知的さと落ち着きを感じさせ、
ケネス・ブラナー演じるボルトン海軍中佐が、民間の救援船や
味方の空軍が現れた時に見せる笑顔は、
自身だけではなく、自軍40万人に対する安堵感があり、
また、パイロット・ファリアを演じるトム・ハーディの眼力からは、
確かな実力と頼もしさが、ひしひしと伝わって来ました。

そして、個人的に最も良い表情をしたと感じたのは、
ドーソンに付き添いダンケルクへ向かった青年ジョージを演じた
バリー・ケオーガン。

初めて見た役者で、あまりパッとしない顔をしていますが、
自身の死期を悟った時に、
少し目を見開き、今まで見えにくかった
グリーンの綺麗な瞳を見せ、死への悲壮感ではなく、
強い志を感じさせる眼光を見せた時は、ぐっときました。

主役を演じたホワイトヘッドもそうですが、
この作品から、また多くの役者が、
スターダムに駆け上がることでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク