こんにちは、こんばんは、某人間より親しみを込めて。

今回は、映画ザ・ライト 
エクソシストの真実
のレビューです。
(原題:The Rite)



公開:2011年
監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー



あらすじ


幼い頃に母を亡くし、父イシュトヴァンと2人で葬儀屋を営むマイケル・コヴァック

その後、マイケルは神学校に通い、優秀な成績を収めるも自身には信仰心が欠けている、と自覚し、恩師マシュー神父へ司祭になることを辞退する旨を伝える。

その日の夜。

マイケルとマシュー神父は、1人の若い女性が車に撥ねられ、瀕死の重傷を負う場面に遭遇してしまう。

マイケルを神父と勘違いした女性は、彼に「祈りを捧げて欲しい」と懇願し、マイケルもそれに応じ、女性はマイケルの祈りの中で息を引き取る。

そして、マイケルのその姿を見たマシュー神父は、彼を見込み、聖職者を辞退する前に今期からヴァチカンにて開講されるエクソシストを育成する為の講義に参加するよう促し、自身の中の信仰心が残っていることを完全に否定出来ないマイケルもそれに従うことにする。

しかし、マイケルの中の猜疑心は強く、悪魔祓いの過去の実例をどれだけ知っても憑依は精神疾患であり、精神科医の分野である、という考えは抜けきれない。

そこで講義を指揮するザビエル神父は、ローマの外れに住む異端のエクソシスト、ルーカス・トレヴァント神父元を訪れてみてはとマイケルに提案する。

そして、マイケルは、ルーカス神父の元を訪れ、本物の悪魔祓いを目の当たりにするもそれでも彼は憑依が精神疾患であるという考えを改めるには至らない。

しかし、その後、マイケルは、ルーカス神父と過ごす中で、通常では考えられない多くの出来事に遭遇し、そして、大きな事件の当事者となる・・・。

スポンサードリンク




感想 ネタバレなし


1450円

(某人間ブログの採点方法に関してはこちらの記事に参照) 

本作は日本版の副題から想像できるように事実に基づいて制作された作品であり、作中登場する人物や悪魔祓いの講義が、ヴァチカンにて開講されていることは事実のようです。

ですが、恐らく、かなり脚色されていることも容易に想像が付きます。

なので、ノンフィクション作品としてではなく、熱心な取材を元に制作されたエンタメ作品として、肩の力を抜きつつ、鑑賞するのがベターな作品だと思います。

本作は、主人公マイケル・コヴァックが、"とある過去"により失った信仰を悪魔との熾烈を極める戦いの中で、取り戻していく流れが本筋となりますが、マイケルもなかなか頑固でして、目の前で異常な現象が度々起こっているのに物語終盤でルーカス神父なしで悪魔と対峙するまで、なかなか持論を曲げません。

そのことが本作を間延びさせている印象を与えます。

ストーリーに程良く緩急があるからこそその間延び感が勿体なかった、と感じます。

しかし、その物語も終盤までは、アンソニー・ホプキンスが醸す熟練した雰囲気もあり、「ホラー映画」と一括りに出来ない奥行きを持つのですが、終盤からはワイヤーアクションさながらに人間が吹き飛ばされたり、悪魔に憑依された人間の顔に過剰にCG加工が施されたりと、急にB級感を感じる仕上がりになっていってしまい、少し残念な作品に成り下がった印象は拭えません。

しかし、そこまでの物語は、信仰心を主軸にしていることもあり、安っぽさは感じさせず、浮世離れした「悪魔祓い」というテーマを物語を盛り上げるスパイスとして、上手く地に足つかせたな、とも感じます。

もし、本作を劇場で鑑賞したならば、1800円は高いな、と感じたのでしょうが、時間を無駄にしたとは感じない程度には、仕上がっているエンタメ作品です。

気軽に鑑賞できてお薦めです。


保存版にはこちらをどうぞ。
ザ・ライト エクソシストの真実 [Blu-ray]
アンソニー・ホプキンス
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-04-25




感想 ネタバレ有り

ルーカス神父への憑依


ネタバレなし感想にて、私は本作が脚色された作品であることは、容易に想像が付きます、と語りました。

それは、神はいない、と全否定しているからでも、悪魔祓いが精神疾患だと思い込んでいるからでもなく、ルーカス神父本人が憑依される、という展開があったからです。

これが事実か、脚色かは判りません。

また、物語として、自身が熱心に悪魔祓いを施していた女性が、悪魔により命を奪われ、精神的に参り、信仰心が薄れていた瞬間に取り憑かれた、という展開もすんなり飲め込めました。

しかし、ルーカス神父が憑依された描写を見た私は、そこまでは脚色されたノンフィクションとして作品にのめり込んでいたにも関わらず、「この物語は創作なんだ」と、急に冷めてしましました。

とは言っても、物語の展開としては衝撃で、創作だと、割り切った上で私は最後まで飽きずに本作を鑑賞出来ました。

それは、言ってしまえば、アンソニー・ホプキンスの演技の賜物でしょう。

マイケルが聖書を引用するたびに静かにそして、皮肉を混ぜ、その言葉を否定し、また、目だけでなく、首を使って、マイケルを視線で追いかけるその姿は、彼が演じたレクター博士を連想させました。

知的でありながらも下品で、静寂の中に激情を持つ演技は、さながら、はまり役で、彼がいなければ、本作は、ただのホラー映画に成り下がっていたと確信できます。

しかし、手練れのルーカス神父が、何年もかけて戦っていた悪魔を新人で、信仰心を取り戻したばかりのマイケルが祓ってしまう、というのも作品を仕上げる上で仕方のないことだと判っていても、本作を創作チックに感じさせられてしまいまいた・・・。

スポンサードリンク




悪魔の正体


エクソシストは悪魔祓いで何をしているのか。

十字架を憑依された物の額に当て、聖水をかければ、悪魔は出ていくのか・・・。

そうではありません。

悪魔祓いのセオリーとしてあるのは、憑依した悪魔に名を名乗らせ神の力を持って、悪魔に命令することで、悪魔祓いは成功します。 

そして、本作においても、悪魔祓いはそのセオリー通りに行われます。

では、長年、少女に取り憑き、マイケルを執拗にまとわりついた悪魔は、一体何者だったのか・・・。

その名もバール!!!

私は悪魔がこの名前を白状した時に遂、キョトンとしてしまいました。

こいつ知らない。

もっと有名どころのルシファーとかアマイモンとかが、来るかなと思っていたので、若干、面食らいましたが、しかし、後から考えると逆に有名どころが来ていたら、それはそれで、また本作を創作チックに感じる要因になっていたのかな、とも思います。

では、そのバールとは一体何者なのか。

某人間、ネットの海を波乗りし調べてみました。

すると、衝撃の事実が!!
なんと、バール、割と凄いやつ!!!

まずは、その見た目がなかなか衝撃で、バールは蜘蛛の体をし、王冠を被った人と猫と蛙の頭を持ちます。

ここで私はなるほど、と思いました。

だから、本作では、大量の猫、蛙が描かれたのだな、と。

そして、バールの凄いところは、こいつなかなか大物なんです。

元々、バールは古代東洋で、豊穣神として崇められ、キリスト教の中で悪魔へと成り下がった後も「地獄の統率者」とも呼ばれる程の権力者でした。

また、彼と契約した人間には、透明になる力を与えてくれるようで、もし、マイケルがバールの勧誘を受け入れていたならば、「The Rite2 透明人間編」が始まっていたことでしょう。



もう1つのラスト


本作にはもう一つのラストがあります。

それは、彼が神父となり、懺悔室で若い女性の懺悔を聞くシーンで、その女性の腕にロザリアが持っていたブレスレットがはめられ、そのブレスレットにある笑う悪魔の顔をモチーフにした装飾を覗いたマイケルが覚悟を持った目つきで、口角を少し上げ、ブラックアウトするというもの。

本編のラストでは、そのブレスレットの描写はありません。

しかし、個人的にこのもう一つのラストシーンは、とても好みで、マイケルとバールの戦いはまだ終わっておらず、マイケルも強大な覚悟と信仰心を持った上で、バールとの戦いに挑んでゆく未来を暗示させるこのシーンは、劇中のどんな描写よりもマイケルの成長を感じることが出来ました。

また、バールを始めとする悪魔たちの1度や2度の悪魔祓いでは払えない執着心や底の見えない強大さを心のそこから実感出来る描写であったとも思います。

作中でも説明されていましたが、世界中では今でも年間何百何千という憑依が、観測されており、それは神対悪魔の終わりのない戦争が、今もなお、我々の住むこの世界で勃発していることを証明しています。

散々、本作は創作だ、と言って来ましたが、このもう一つのラストシーンが、今この世界でその戦いが繰り広げられている、というにわかには信じ難い事実を実際の出来事としてリアルに感じさせてくれました。

スポンサードリンク