こんにちは、こんばんは、某人間より親しみを込めて。

今回は、嘘喰い521話の感想です。

前回、臨死から見事、蘇生したお屋形様でしたが、
周期的に訪れる記憶喪失が、
なんと屋形越えの最中に起こってしまい、
万事休す。

お屋形様は、如何にして、この窮地を脱するのか・・・。

ネタバレ警報発令します。

スポンサードリンク




ストーリー ネタバレ有り


第521話 あの場所へ

〈望みの己で・・・い続けられない〉
〈完璧で・・・いられる時は限られている〉
〈時間切れ・・・このままでは負ける〉
〈まだ〉
〈まだ少し、あと・・・少しだけ〉

空中に放り投げられたルービックキューブ。
そのキューブの1つ1つに切間創一の記憶が描かれている。

ガクト・・・のぶ子・・・ビッチペイン・・・そして、斑目貘と彼が持つストップウォッチ。

しかし、キューブを受け止めるはずの彼の両手は、粉々に砕け、その亀裂は全身に及び、切間創一の体は粉々に崩れ落ちる。

〈栄羽を・・・〉
〈栄羽はどこだ〉

「屋形越え」

夜行がそう呟いた。

「あなたが今、置かれている状況です」

そして、夜行は、この臨死直前の切間創一とのやりとりを思い起こす。

「それでは臨死薬を打ちます。臨死時間は2分34秒です」

「夜行立会人」

注射器を静脈に添える夜行に切間創一は問いかける。

「この屋形越え"ハンカチ落とし"のルール。私に説明することは、立会人にとってこの勝負を偏向させる行為かね?」

夜行は答える。

「いえ。何の問題もありません」
 
「安心した」
「蘇生後の私が数秒でも黙し、呼びかけに応じず、胡乱な目で周囲を観察するようなら立会人の許す範囲で、私に説明してほしい」

そして、現在。

「ゲームは"ハンカチ落とし"」
「お屋形様はハンカチを見つけられず、臨死していたのです」

そして、夜行がルール、戦況を切間創一に伝える。

それを聞いている能輪も切間創一の記憶喪失に気付く。

そして、最後に夜行が付け加える。

「相手は斑目貘」
「あなたが倒すべき宿敵(ギャンブラー)!!」

切間創一が立ち上がる。

「十分だ。夜行立会人」
「肝心なものだけは、失わずに済んだ」

一息吐く夜行。

〈お屋形様は臨死によるこの喪失をも予期していた〉
〈突然の喪失で御釈迦になるより私に・・・臨死リセットに賭け、克服・・・自ら乗り越えた〉
〈嘘喰いにとっての僥倖とはならなかった〉

「戻ってきた。さあ・・・」

そう言いながら、貘の正面に立ちはだかる切間創一。

「終わらせよう、貘さん

そこにいたのは、あの頃のハルだった。

目を見開く貘。
そして、貘は少しずつ目を伏せ、切間創一の胸にハンカチを投げる。

「バーカ、返り討ちだ」

そして、お互い、背を向けあう。
が、どちらの表情も口元には笑みが浮かんでいる。

その様子を目の当たりにする夜行。

〈この二人・・・ここに来て、何と・・・〉
〈あらゆるを経た末の極限状態が辿り着いた〉

貘が椅子に腰掛ける。
切間創一がその背面で、ハンカチを握りしめる。

〈見える〉
〈彼処が〉

そして、その間に立つ夜行は、1回目の屋形越えが行われたあの日の屋上と今が重なって見える。
 
そして、始まる9回戦表
貘はもう"C失敗"は出来ない・・・。

スポンサードリンク




感想


臨死前にお屋形様が、夜行に何かを呟いた伏線が回収され、その上、長年、嘘喰いを追いかけて来た嘘喰いファンにとって、今週は、感極まる1話でした。

勝者も敗者もなく、今回で最終回で良いのではないでしょうか。

・・・そうではないんですよね。

2人の友情は、この屋形越えで完成する訳ですから。

しかし、まさか、お屋形様自身が、対策まで練っていたとは・・・。

「ぐはぁ」さんも今頃、面食らっている頃でしょう。

さて、次回ですが、今回が、合併号だった為、丸々2週間、お預けです。

某人間も首を長くし、待つことにします・・・。

予約注文、始まっています!!!


スポンサードリンク