こんにちは、こんばんは、某人間より親しみを込めて。

今回は、ジョジョリオン#67の感想です。

前回、地中に潜む敵の正体を探る為、
豆銑によりリフトから突き落とされた康穂。

果たして、これが吉と出るか
凶と出るか・・・。

ネタバレ警報発令します。

スポンサードリンク

ウルトラジャンプ最新号配信中ゥゥウ!!!
























 

ストーリー ネタバレ有り

#67 植物鑑定人 その4

リフトから康穂に声をかける定助。

足に怪我を負い、
意識は朦朧としているが、
康穂は無事な様子。

「康穂ちゃんッ!今、助ける!!」

今にもリフトを飛び降りそうな定助に豆銑は、

「下に降りるとか言うなよ・・・」
「それは敵の正体を見てからだ」 

と制止するが、定助は、

「豆銑礼、ふざけるな」
「あんたも落としてやるかッ〜〜ッ!!」

と豆銑の襟元を掴み、
リフトから半身を乗り出させる。

「おっ・・・と」
「いいかな」
「雑草の害虫に襲われた『下のイチゴ』も
ちゃんと収穫できる時もある」
「彼女のおかげで我々の生存率は23%に増えてるぞ」
「この『敵』は謎だ・・・だが、倒すチャンスは、必ず訪れる」

そう語る豆銑に定助は、

「くそ・・・イカれてるぞ・・・あんた」

と、返す。

「あたし・・・そこから落とされたの・・・・・・?」
「リフトから・・・」

二人のやりとりを確認し、
康穂もやっと状況を理解する。

そして、定助は、康穂に現在地より高い位置にある
6番の柱に向かうように指示し、
自分たちも今いる5番の柱から
そこまでリフトを移動させ、康穂を引っ張り上げる、と伝えた。

「定助くん」
「君はどうしても彼女を6番へ行かせるつもりか?」

唐突にそう尋ねる豆銑に「どう言う意味だ?」と
定助が返すと、彼は、

「いや、なんでもないよ」
「行かせるなら構わない」

と答え、リフトを動かし始める。

「康穂ちゃん、行くぞッ!」

定助の合図と同時に
康穂が6番のリフトへ駆け出す。

「定助くん・・・たった今考えたことを言うが・・・」

そう豆銑は話出す。

「この『敵』はさっき、『樹木』をはしごにして、
5番を襲ってきた」
「その為に『敵』は樹木を動かしてきた」
「直前までそれに私は気付かなかった」
「それで6番の柱についてだが・・・」
「あれは『樹木』とは違って、土台がコンクリートだが、
もしあれを地面から崩されたら終わりだ」
「この『敵』は地面の中だ」
「そんなスピードがあるとは思えないが・・・
だが仮に先回りされて、もし柱のワイヤーがたるんだら・・・」
「このリフトは落ちる」

豆銑がそう言い終えると、
定助は6番の柱の根元を見た。

ひび割れた地面にDANGERと書かれた看板が立ててある。

そして、次の瞬間。

その看板が一気にひびの中に飲み込まれ、
6番の柱が大きく揺れる。

ひびの隙間からは、岩で出来た
戦車のキャタピラーのようなものが垣間見える。


それは次に康穂の方へ襲い掛かるが、
康穂は即座に方向転換し、定助達の乗っているリフトへ向かう。

そして、康穂は、定助が出したS&Wのシャボン玉を掴み、
リフトの方へよじ登っていく。

しかし、地中の敵が噴出した土の塊が、
シャボン玉を割っていき、康穂は態勢を崩してしまうと、
彼女の眼前に顔の上半分を覆い隠す布を被った男が現れ、
目元にはめられたガラス窓から
康穂を見つめると、彼女の首元を掴んだ。

そして、その手元から棘の生えた小さなキューブが、
ぞろぞろと湧き出し、康穂の顔面にまとわりつく。

「うそ・・・でしょ・・・」

力無く掠れた声を出す康穂。

定助は慌てる。

「定助くん、どけ」
「後頭部が邪魔で良く見えない」

定助の背後に立つ豆銑は、そう言うと、
ナイフを持った右腕を紐状にし、
そのナイフをマスクの男に向かって投げつける。

そして、見事ナイフは、命中。

「地表から深さ20〜30センチのところに居るみたいだな」
「だが攻撃の時は『樹木』をはしごにして伝わらせるとか、
地表に出なければスタンドを送り込めないと言うことだな」

豆銑は紐状の腕を柱の手すりに引っ掛け、ピンと張ると、
刺さったナイフが敵本体の体を裂いていく。

「ぎイィィィやああああああああ」
「ぎいいやぁああああああああああああああああああ」

マスクの男が断末魔を上げ、体を地表に乗り上げる。
そして、岩のキャタピラに挟まれたマスクの男が、全身を露わにした。

「こ・・・こいつは・・・・・・」
「敵を見ろ・・・定助くん・・・出て来たぞ」

「それより康穂ちゃんがま・・・まずい」
「まずいぞ!」
「敵スタンドに感染したッ!」

康穂は再度、身を翻し、
6番の柱へ駆け抜ける。

「さっき、あ・・・足につけられた時も
少し時間があった」
「6番の柱ッ!電源があるはずッ!」
「P・P!!」

ペイズリー・パークは、康穂のスマホから柱の表面に移る。
すると、6番の柱にあるシャワーから水が溢れ出した。

そして、その水が康穂にまとわりついていた敵スタンドを
洗い流していく。

康穂は危機を脱した。

「定助くん・・・見ろよ」
「敵は岩人間・・・
だが『2体』いる・・・」


そこにいたのは、マスクの男
その男を乗せる、体全体がキャタピラの男だった。

スポンサードリンク
 

感想

敵スタンドの正体

とうとう!
敵本体が現れました!!
しかも2体!!
その上、どちらもヴィジュアルが気持ち悪い!!!
だが、それが良い!!!

今回の敵スタンド使いは、
地中を移動するスーツ型スタンドと
人体を蝕んでいくスタンドのコンビという点で、
セッコとチョコラータを想像しました。

ナイスコンビネーション、期待してます。

定助、頑張れ

取り敢えず、康穂が無事で良かった。
しかも、しっかりとペイズリーパークも活躍。

また、豆銑の康穂落としが功を奏し、
敵本体が露わになったどころか、ナイフで敵にダメージを与えてます。

一方、定助・・・。

今回は康穂のピンチにかなり狼狽してた様子。

更に、豆銑に「邪魔だ」とまで言われる始末・・・。

頑張れ、定助!!!

最新刊発売中ゥゥウ!!

 
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク